表札をつくる

開運の表札風水

運気を呼び寄せる表札風水

風水は、古来中国から伝わる、気の流れを利用して開運するための環境学で、家の間取りやインテリアに取り入れている人は多いようです。
しかし、家具の方角や色にはこだわっているのに、家の顔ともいえる表札は見落とされがちです。
表札は、風水的に非常に重要なので、家の運気を上げるためには、しっかりと気を付けたいポイントでもあります。
まず、素材としては木製がベストで、石やプラスチック製はあまりよくありません。
また、名前が盛り上がる浮彫がベストで、名前が彫り込まれるのは、墓石を連想させるのでNGとされています。
風水的に最も良いのは、縦長の長方形で木製、墨で名前が書かれたものです。
反対に一番良くないのは、そもそも表札がないことです。
名無しの家は不在ということになり、どんなにインテリアを頑張っても、運気を呼び寄せることはできないようです。
どんな形のものであっても、運気に見逃されないように、必ず玄関に掲げるようにしましょう。

表札は住み家を整えて開運する風水ではとても大事です

風水とは、衣食住においての自分の周りの環境を整えて良い気の流れを取りこみ、悪い気を流して追い出し厄払いする開運方法です。
その中でも、住居を綺麗にして良い気の流れを取りこむ手法は、手軽に出来る開運方法としてとても人気があります。
特に必ずやらなければならない場所は玄関です。
良い気は玄関から入ってくると言われているので、常に掃除して清潔を保たなければなりません。
玄関マットは必ず敷き常に清潔を心がけ、靴箱には不要な靴は溜めこまないようにし、靴箱の上にはあまり物を置かず花を生ける程度に留める、たたきも週に一回は水拭きする、等々ありますが、意外と忘れやすいのは表札です。
ここが汚れていると良い気が入ってこなくなると言われています。
良い気も名乗ってくれなければ誰かわからないから入りようがないというわけです。
なので表札は必ず出して常に綺麗にしておきます。
また、表札が汚れていると悪い評判がたちやすいとも言われます。
風水は基本的に綺麗で清潔にしていて初めて良い気が入ると考えられていますから、とにかく掃除は必須行動です。

おすすめWEBサイト

沖縄 建築会社

Last update:2018/12/19

 

Copyright(C) 2015 表札をつくる All rights reserved.